外構部分や給湯器などの設備について把握し、手入れすることの重要性

行う時期を考える

一番の疑問、芝生の刈込っていつすればいいのか。

芝生を生やそうと思っても、生やした後の手入れとかをどうすればいいのか分からない、難しそう、高価な道具とかが必要なのではないか、などと思ってあきらめたり、止めておこうとしてしまった方はいるのではないでしょうか。 しかし、それでは勿体ないです。芝生はちょっとしたマメさが必要ですが、内容は簡単なお手入れで十分に成長させる事が出来ます。 芝生を生やしたとして、手入れの為に刈込をするとしましょう。いつ刈り込めばいいのか、4センチくらいで半分に切る、これだけです。芝生はこまめに刈り込んだ方が絶対的に見た目などが良くなっていきます。 伸びやすい春〜秋までの時期はこまめに刈り込みましょう。一週間に一回とかくらいですね。草が伸びない冬などは刈り込まなくても大丈夫です。

芝を刈る道具に何を使うのか。刈った後どうすればいいのか。

芝生を刈りこむのなら、芝刈り機の存在が必要でしょう。芝刈り機と言っても一般家庭のお庭なら小型の芝刈り機で十分です。電動で動く芝刈り機のほうが綺麗に高さを揃えて刈れるのでお勧めです。ほんの少ししか植えていないなら芝刈り鋏でも大丈夫でしょう。 芝生を刈ると、切りくずになった芝生が出てしまいます。これを放置してしまうと芝生の病気の原因になったり、芝生の成長を阻害させる要因になってしましますので、必ず取り除いておきましょう。草を集める熊手などで集めれば良いです。芝刈り機を使っていれば付属の集草袋に刈られた草が入っていくので、芝刈り機を使うのが楽です。 長くなったら切ってゴミを捨てる、水遣りなどを除けばこれが基本的な手入れの仕方です。他にも雑草を抜いてあげたり、もっとよくするために肥料を使う、などありますが、そんなに肥料とかを上げなくても育っていく芝とかもあるので、気になる方は調べてみてから育てる芝を選ぶといいかと思います。 芝があると見た目もいいし、子供の遊び場にもなりますし、転んだり倒れた時も怪我の軽減にもつながるので、育ててみてはいかがでしょうか。